修理して復活するものもあるので捨てる前にチェックしよう

Musical instrument

ギターの価値

希少価値とクリーニングの必要性

ギターと言うのは物置にしまってあるような古いものも今では多くなり、その希少価値も時折注目されます。稀に貴重な楽器が掘り出される事もあるため、大切に取り扱う事が欠かせません。そのためには、楽器店で行われている修理を怠らない事がポイントです。実は、難しい事が分からなくても単純なクリーニングを依頼する事も可能となっています。一見すると古びていて味があって良いようにも見えますが、新品のものと比較するとキレイさの違いに唖然としてしまいます。木で出来た部分の色褪せ具合や弦をあてるフレットと呼ばれる銀色の部分、これらを丁寧に磨きあげます。すると、見違えるほど輝きを増してまるで新品のような見た目に変化します。それ程修理は効果的なので、演奏しない場合でも依頼する価値があると言え、これからも需要が増えて行く事でしょう。

フレット部分の摩耗や汚れ

ギターを長年使い続けていると、様々な部品が劣化して音が安定しなくなる事があります。いくら弦を新品に買い替えていても、交換していない部分が古びて行くのです。弦を除いて基本的に交換する部分はなく、普通は売ったりゴミに出して新しい楽器を購入します。しかし、今のギターを処分する前に修理の余地がないかを確認する事は忘れないでください。特定の部分を少しクリーニングするだけで、今の音が劇的に改善するようなケースもあります。例えば、フレットと呼ばれる部分は弦の音を鳴らす上でも重要な役割を担っています。この部分を楽器店で修理すれば、音が安定して聞こえやすくなります。もしかするとこの箇所が摩耗していたり、汚れている事によって音が悪くなっているかもしれません。一度処分前に確認して、楽器屋さんに見てもらうとよいでしょう。